TWITTER

<< 出産メモリー<2> | main | 出産メモリー<4> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
出産メモリー<3>

===============

カヨコが産み落とす長女編<3>

===============

さらにつづきです。

 

長丁場だけども、ようやく分娩室に入りましたよ。

 

分娩室に入って、陣痛の波と一緒にイキむ〜て感じ。

「ひっひっふー」が「ひっひっふー、ウン!」てな感じに変わり、まさに聞いてた通り、ンコする時と同じイキみ方。

 

上手上手〜と言われながらイキんでるけど、なんかスッキリしない。

で、次の波で産みましょうね〜と言われて、立ち会いを希望してたダンナが入ってきた。

 

「がんばれ〜」とそれなりに応援し言ってた(ような気がするが…ほぼ覚えていない(笑))

 

渾身の思いで便秘の時もこんなにイキんだことねーぞというくらいイキむ。

でも、なかなか変化なし。

 

お医者さんが、「吸引しますね」と声をかけ、どうやら掃除機のようなもので頭を吸い出そうということらしい。

「ふ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!」イキむあたし。

吸い込むお医者さん。

 

これ以上はイキめないくらいイキむあたし。

でも動かない…????ハテ?

 

お医者さんがちょっとこれは…という顔をして、

「ちょっとお腹押してお手伝いしますね」

といって、「ふ〜ん!!」と同時にお医者さんがあたしのお腹をエイっと圧迫。

 

すると…

 

ポン!

 

…いや、ホント、ポン!って感じ。

あまりにも一瞬で、それまでの渾身のイキみは何だったのかと思うくらい拍子抜けな「あ、出た…」でした。

 

ジワっと少しづつ出てくるんじゃないんか〜〜〜〜い、と思いつつ。

 

感動的な親子の対面の前に、あたしの体内から、なにやらドボドボと流れてる感じがして「あの〜、なんかドボドボ出てる感じがするんですけど〜」とお医者さん達を見ると、その時いた看護師さん達も、皆ジ〜っと釘付けで見てる。

「え!?ナニ、怖い〜」と言ったら、お医者さん達は見ながら「うん、まあ、大丈夫。ちょっと…ちょっと、普通より出血多いかな…うん」と観察。

その間、ずっとあたしはドボドボを感じてた。

ひ〜〜〜。怖いよぉ〜。なんなの。。。

そして、ダンナは顔面蒼白で固まってた。

(あとから聞いたら、あたしが、このまま死ぬんじゃないかと思ってたらしい。)

 

そして、ようやくご対面。

ちょっとだけ胸の上に乗せてもらって、「女の子ですよ」って。

ハイ、お待たせしました。

こうして長女誕生!!!

なんだろう。苦しんだ割には、あっけない他力でポン!と出されてしまって、本当に産んだのかあたしは…と複雑な気持ちと、10ヶ月近くお腹の中にいたのがこの子なんだな〜と不思議な感覚で感情的にはよくわからない。

イロイロと検査だの何だのあるのと、あたしの体を休めるために、長女ともダンナともしばしの別れ。

 

そして、胎盤も出て、なんとか処置をしてもらい、言われたのが、へその緒が2周くらい首のあたりに絡まってたみたいですね、てことでした。だからイキんでもなかなか出てこれず、という訳だ。

 

吸い込んだり、圧迫されたりで、あたしの体には思った以上に負担がかかったようで、その後、ビックりするくらい体が動かせなかった。

分娩台から移動式のベットを真横に持ってきてもらったのに、移ろうにも体がホントに動かせず、足1本も持ち上げられず、結局看護師さんたちにゴロンゴロンと横からフンコロガシのように転がしてもらって移動。

病室のベットにも、ゴロンゴロンと転がされて寝かされた。

なされるがまま…。

 

脳内では動かしているのに言うことをきかない体、初めての体験でしたね。

免疫成分たっぷりという初乳を飲ませるために、おっぱいマッサージャーの助産婦さん(?)も来て、ゴリゴリされました。

飲みにくそうな乳首ね〜と文句言われながら、ゴリゴリ容赦なくマッサージして搾り取られました。

痛いっすよ。とにかくこれが痛い!

「はい、出てきた出てきた♪」と嬉しそうにやってくれるけど、こっちは苦痛の顔。

 

おっぱい飲むのも赤ちゃんにとっては初めてだから、初めはうまく飲んでくれなくても、だんだん上手になるからって言ってましたね。

 

確かに。

赤ちゃんにとっても、母親にとっても、すべては初めてのことだらけなわけです。

飲む方も飲ませる方も、だんだん上手になればいいんだと。

最初は皆ヘタクソで当たり前なんだから。

 

さて、気になる所で、お産の痛み。

後々いろんな人からいろんなお産の話を聞くけれど、陣痛の痛みがスゴイと言っている人はむちゃくちゃ多かった。

あたしは、陣痛の痛みより、実は出産後の「痔」の痛みの方が残ってます。

出産当日の夜、痛みで幻…というか精神的におかしくなってた。

 

出産時に会陰切開って怖いってきくけど、あんなん痛くない(と思う)というより切開した方がキレイに治るんだからいいじゃんとさえ思う。

 

上から下から他力で、負荷がかかったからなのか、あたしの傷はどちらかというとおケツの方がとにかくひどかった。

裂けたのか、イキみが渾身すぎたからなのかよくはわからないけれど、出産当日の夜は、痛みでなぜかガラスがお尻に刺さってると思いこんでいた。あまりにも痛がってるので、看護師さんが座薬しましょうか?って言ってくれてるのに、そんなことしたらもっと痛いと勝手に思い込み、そんな看護師さんが暗殺者のように感じてもいた。

…うん、あの時のあたしは痛みで相当オカシクなってたと思う。

 

その後、結局半年間くらい痔と戦うことになり、円座ちゃんを手放せない、うつ伏せでしか眠れない、そんな記憶があたしにとっての出産の痛みでした。

 

 

さて、そんなこんなで長女出産エピソードは終盤です。

 

長女はベイビー時代、夜泣きもあまりなく、ゆっくりと寝かせてくれるし、母乳が出なくなってもミルクを嫌がることもなく、あまり手のかからない、いいコでした〜☆

 

うちの両親からしたら、初孫。

今のあたしと同じ歳に「じーちゃん」になった父、39歳で「ばーちゃん」になった母…。

 

入院部屋でお隣のベッドにいる39歳のママさん、あたしのお見舞にきている祖母になった同じく39歳のあたしの母…。

 

人生イロイロですなd(^^)

次回は次女編〜〜〜〜〜〜!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

| 出産メモリー | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://kayokono.jugem.jp/trackback/103