TWITTER

<< 言葉 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Language

久しぶりだな〜。

こっちに書くの。
ま、今回もいつものごとくわが考えのただの垂れ流しブログ投稿なんだけども。。。
そんでもって前回の(ずいぶん前だけども)投稿も言葉…かぁ(´ε` )しみじみ…
そう言葉…。今回はまあ、どっちかゆうと「言語」って意味だけど。
あたしはさ〜、自分が自分の口で音に出して人前で言ってしまったことは、すごく自分の中の決心の言葉として大事なこととして捉えてる。
全く嘘つかない〜なんでウソはつかんけど、、、(どんな理由であれ結果ウソつきってことになっちゃったなんてことは0じゃないから)
でも、自分の意思としては、ウソはつかないようにしている。
つーか気持ち悪いし。。。ウソゆったとこで何のメリットにもならないということがあたしの中で答えが出てるから。
だからこうして書くってことはあたしの決断。
数日前…もうすぐ1週間くらいになるか。。。
決心しました。
英語で自分の気持ち伝えられるようになるぞと。
だから日々、ひっそりと孤独に英語と向き合ってます。でも楽しんでる♪
我ながら見事なまでの独学!!!!
これから先の未来を想像すると…、そう遠くない未来には、絶対2、3人に1人は海外から来た方になる。
特にここ、佐賀は全国でも早いじゃろう…人少ないからこそ…。
そう考えて、そこにいる自分を想像した。
言葉が通じないだけで、せっかくの新たなる「人」と出会えて刺激を受ける事が出来る環境になるのに、喋れないことで諦めて、今までのコミュニティ維持しただけの世界の中にいるのか?と。
そったら「やだな〜〜〜。そんなもったいないこと…やだな〜」と思ったわけですよ。
というわけで、あたし今、英語という新たな言語を使って、これから先、周りに絶対に増えるであろう海外から来た方々とのコミュニケーションを取りたいと思ってるわけです。
昔から、一応出来たらいいんだろ〜なくらいは思ってはいたけども、生活の中で必要性感じなかったのと、だからこそ本気で欲しいと思ってこなかった能力。
でも、最終的に背中押ししてくれたのは、最近撮影に関わったフィリピン映画への出演だったのかも。
一応予習して、フィリピンって母国語なんだろうって調べて、タガログ語なんだ〜ってわかった。
ちなみに「kayo」ってタガログ語あった。。
頻繁に使われててなんだろうってしらべたら英語での「you」みたいな意味☆
でも来てたチームの人々は、ほぼ英語!!!
フィリピンでは、英語は標準装備なんだなと実感。
あたしは、ほぼ記憶の彼方に飛ばしていた中学以下レベルのカタコトの英語で現場におよそ4日間。
皆本当にいい人だし、明るいし、楽しいし。。。
もっともっときちんと具体的に自分の口で、自分の気持ち伝えることが出来たらって本当に思った。
根本の気持ちは、伝わる。シンプルなカタコトの言葉でも。
聞きたいこともなんとなく単語を羅列させればなんとか。
最終的には翻訳機能のアプリ使用。
でも、本当はこんな事伝えたいのにって思ってても、正しく伝わらないもやもやっとした感じがすごく残ってる。
英語ってそもそも、あたしの中では一度ポイって捨てたものだった。。。
中学の時は楽しくて、面白くて、好きだった。そうね…わりかし英語の成績も学年で1,2位を争う感じで良かったかも。
まあ、、、田舎の少人数の学校内ではあるけども。
海外の同じくらいの年齢のペンフレンドもいて、英語で手紙のやり取りもしてた。
エアメール。たしかカナダの子だったかな〜。キャシーとかそんな愛称で呼んでた、たぶん。
でも、高校入ってひっくり返った。
どんどん英語が嫌いになった。
文法だの、過去進行形だの助動詞だのワケくちゃわからなくなり、これは国語なのかね!?と思うほど、構造ばかりの小難しい授業内容で、こんなん意味あるのかという疑問に打ち勝つ必要性を感じられず、いらん!!!こんなんやくたたんわ絶対!と捨てた。
仕方ないか…当時は受験のための「英語」という科目だったのだから。
きっと今思えば、ALTの先生や外国から来た方とのコミュニケーションを取るための手段の一つと捉えられれば楽しさを感じられたんだなと思う。
でもま、当時は周りにそんなに外国からの方はいなくて、これ、どこで使うの?ここ日本じゃんと思ってた。
あれから30年くらいたった今、必要性を感じる環境に向かってると実感。
そして、なおかつあたし自身がその力を欲してる。
おもしろいもので、やり始めたら思い出してもきたよ、少しずつ。
捨てたはずのいろんなことが蘇って、すんなりと自分に入ってくる。
筆記より日常会話が出来ることを優先でやってるけど、脳の使い方とか、発音の分析とか、芝居でやってきたことがすごく役立ってる。
「今」だったんだなとシミジミ…。
きっとあたしにとってのタイミング。
映画の、あたしの出演シーンが終わったときに、たくさんのスタッフの方が、あたしとFacebookで繋がってくれた。
1年後にはこの人達と、メッセンジャーとか使って、つたないながらも近況を話したり聞いたり出来るようになるぞと思ってます。
翻訳機は、結構へっぽこ。。。
ニュアンスぜんぜんちがうじゃ〜〜ん!!!とそのへんを一番重視しながら日々向き合ってます。
英語に向き合うことで、改めて日本と向き合えてる。
文化、考え方、捉え方。。。。でも「人」だということは変わらない。
あ。映画は9月くらいにフィリピンで公開☆らしいです。
規模が正直ピンと来てなかったけども、、、日本と比較すると、全国公開レベル!!!でした(^^;
自分が思ってたより…おおごとのような…気も…。
「‪betweenmaybes‬」
このタイトルの意味も、日本語ではなかなか訳せないよね…。
直訳すると…たぶんの狭間?
もやもやっとした感覚を行ったり来たり???って意味あいだとは思うけども、、、いい日本語が見当たらない…。
今のあたしが日本語訳でタイトルつけると…
「いつかきっと…」
的なニュアンスの作品なのかなと思ってます。
捉え方間違ってるかもって思ってしまって、、、自信はないけど。
| こんな日々 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://kayokono.jugem.jp/trackback/115